ホーム / / 狩野英孝がインスタで「30万円の超レア!?」なファミコンソフトを公開!

狩野英孝がインスタで「30万円の超レア!?」なファミコンソフトを公開!

タレントの狩野英孝(37歳)が6月7日にInstagramで、「超レア!?」なファミコンソフトを公開!しました。

その名も「バイナリィランド」のゴールド版!

狩野英孝さん曰く「かなりレアなファミコンソフトで、2〜30万するらしいが、名前を書いてる事で価値だいぶ下がる」とのことです!

これ2014年にも実は自慢してるんですよね!

どれくらいの価値なんでしょうね!
調査しました!


ヤフーオークションで落札価格調査

さっそく、落札価格を調査しました。20万~30万もする価値があるとのことですから、本数も少なくて、ほとんど出回らい希少価値が高い品物なのでしょう!

それでは、調査結果を公開します。

350円、300円、100円・・・ん?ん?桁がおかしい(笑)

そうです、ゴールド版は流通しておらず、普通のファミコンソフトだけ流通していました。


ゴールド版の価値は?

調査したところ、流通していないことから希少価値は高いものの、いくらか?といったことはわかりませんでした。

ゴールド版は、別名祝・御成婚バージョンと言われいるようです。

そもそもどれくらい流通しているか?というと、国内流通量は数十本とのことです。
ハドソンのソフトですが、任天堂が作ってくれたらしく主人公が違うといったバージョンのようです。





バイナリィランドとはどんなゲーム?




『バイナリィランド』(BINARY LAND)は、ハドソンから発売されたアクションパズルゲーム。1983年にパソコンゲームとして発売され、1984年にMSX版、1985年にファミリーコンピュータ版が発売されたゲームとのことです。