ホーム / / / 過剰な報道のA代表デビューの久保建英やはり天才だった

過剰な報道のA代表デビューの久保建英やはり天才だった


未来の10番である日本の希望である、久保建英が
キリンチャレンジカップ2019日本対エルサルバドルで、
遂にA代表デビューを果たした。


この日の試合の注目は久保建英であって、常に彼の表情が映し出されて、今かいまかとサポーターの興味をそそった。

少しでもアップや何かアクションが起こると、試合よりも久保建英にカメラが移動して、試合よりも久保建英の選手ばかりが取り上げられた。

というのも、試合はエルサルバドルの接待プレーなのに、なかなか日本は打開も出来ずに、2点をリードしているのだけど「つまらない」展開だったのもある。



[  悪意のある投稿も。これも天才の証。 ]


その後、久保建英は後半22分から出場し、サポーターも待ってましたとばかりに大声援が送られた。

彼が少しでもボールを持つと沸き起こり、ドリブルで二枚はがしたら会場が揺れた。

そんな将来のスターである久保建英は、ゴールは取れなかったものの
ブラジルで開催されるコパ・アメリカ南米選手権で代表初ゴールをきめてくれるだろう。

そしてTT兄弟のパフォーマンスをまたしてくれ・・・ないか。

そして終了後、帰宅しようとしていたVIP席の香川の背中が何か寂しかった。